社長(我が母)と娘(=私!いい歳してるが 『お嬢』と今だ言い張る)が営む東京根津の小さな居酒屋<すみれ>の事もちぃ~らほら、日々のつぶやきデス♪


by すみれのお嬢(YAKKO)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:旅日記(2012 いわき / 福島)( 2 )

2012年 気が付けば寒さが緩み桜の時期・・・ 春の風と共にフ~ラフ~ラと桜をみてまわった
今年の桜記事は ↓
* 桜を求めて① (谷中のお寺さん編)
* 桜を求めて② (谷中のお寺さん編)
* 桜を求めて③ (谷中のお寺さん編)
* 桜を求めて④ (隅田川水上バスに乗るっ)

そして 締めくくりは 4/17~18 で訪れた福島市にある花見山周辺 (^.^)/~~~
へ~腰に手をあててビールを飲んでニヤニヤしてるばかりじゃなく
花を見るなんて趣味があったんだあの人っ
 って今、そこのあなた!私の事思ったでしょ?(笑)

★ 写真クリックでちょっと大きくなります
b0190603_334208.jpg

ここ花見山とその周辺は…
福島市渡利地区の十数軒の花木生産農家が栽培する花木畑により形成されており
そのうちの1軒(安部家)が私有地の畑を「花見山公園」として無料で 1959年より一般に開放

阿部家 そして花木の生産農家の方々が
自らの農地を「みんなにきれいな花を観てもらい心が安らげば」との暖かいお気持ちのお陰で
目をパチクリさせてくれるような素敵な風景を拝見できるワケでやんす

福島駅(JR東日本・阿武隈急行・福島交通)から南東へ直線距離で3.4km
中心市街地から見て南東、阿武隈川右岸の渡利地区の丘陵地中腹に位置する

★ 写真クリックでちょっと大きくなります
b0190603_1692116.jpg

現在 花見山公園そのものは 花木畑として再生を図るため
しばらくの間 園路も含めた畑の養生をしていて入園することができないのだが
園に至るまでの遊歩道や周遊ルートは通常通り花木畑を見せていただくことは可能

★ 写真クリックでちょっと大きくなります
b0190603_16442364.jpg

桜満開にはちょっと早かったが、ピンクの桜や梅の他 
黄色の山茱萸(サンシュユ)、日向水木(ヒュウガミズキ)、連翹(レンギョウ)が咲き乱れ
大ダイだ~い満足 !(^^)! カタクリの花も初めて見れた

★ 写真クリックでちょっと大きくなります
b0190603_16443975.jpg


いたるところ カラフル!時間が経つのも忘れ、疲れもぶっ飛び
健康的に(笑)お散歩をしたのでありんすぅぅぅぅぅ (^.^)/~~~
震災、原発事故 そして風評被害っ がんばっぺ福島!と応援するはずの私が逆に
この素晴らしい風景に元気をもらって帰ってきた

★ 写真クリックでちょっと大きくなります
b0190603_16445542.jpg


計画してくれた友人 KinWちゃん
いわきから車で駆けつけて案内をしてくれた Angelaちゃん
どうもありがとう  桜を思う存分見て春を感じられました!


* おまけ
いっぱいいっぱい歩いた後は・・・
全国で8番目に 『源泉かけ流し宣言』 をしたと言う 高湯温泉
温泉地にある歓楽街はなく 湯治場的なところ
久しぶりに 硫黄の香りがガツンとくる温泉!!!!!
福島市から車で30分ホド  吾妻山中腹 標高750m 辺りにある
b0190603_3172786.jpg

お花見してきたよ~ 春だよ~~~
なんてとても言えない! しっかりと残雪がたくさんっ
桜を見た後に 雪を見るとは思いもしなかったざんす
温泉タマゴになっちゃうくらい のんびりとお湯に浸かり疲れを癒しぃぃぃぃぃ
泊まった宿から不動滝遊歩道をめざし テクテク
くぅぅぅぅぅぅぅ 除雪がされていなく遊歩道には入れず(涙)
いつかリベンジ!滝みに行きたい ♪♪♪
[PR]
by escribeme_yakko | 2012-04-24 03:34 | 旅日記(2012 いわき / 福島) | Comments(14)

福島- 波立海岸の朝

Angela ちゃんのブログで紹介されていた ここ福島県いわき四倉と久之浜の中間、
国道6号線沿いに海から突き出た弁天島と朱塗りの橋がシンボルである波立海岸

ここに立って日の出がみたい! ずっと思ってた
昨年 いわき在住の彼女が案内をしてくれると言ってくれて旅行計画を立て始めた頃
2011.3.11 東日本大震災が起きた (もちろん 旅行どころの話ではない)
b0190603_15564395.jpg


1年とちょっと過ぎた 2012.3.22 Angelaちゃんと早朝この海岸に立ち 日の出を待つ
穏やかな海と 夜明けの空 ・・・

b0190603_15565735.jpg


海の彼方に顔を出す太陽っ 思わず『桃?』と口からでる なんと表現力に乏しい事か私
赤い鳥居にエネルギッシュな太陽が重なる! 感動であるぅぅぅぅぅ
b0190603_1557211.jpg




" あの日 " も、こんな光景から1日が始まったのだろうか?

穏やかな海が恐ろしい津波と変貌し 尊い命が失われ、家を飲みこみ・・・
頭の中を色んな事がグルグルと駆け回る

黙祷


b0190603_15571492.jpg

一生忘れられない素晴らしい日の出であった
明るい未来でありますように

Angelaちゃん 連れてってくれてありがとう 
[PR]
by escribeme_yakko | 2012-03-27 03:30 | 旅日記(2012 いわき / 福島) | Comments(14)