社長(我が母)と娘(=私!いい歳してるが 『お嬢』と今だ言い張る)が営む東京根津の小さな居酒屋<すみれ>の事もちぃ~らほら、日々のつぶやきデス♪


by すみれのお嬢(YAKKO)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:旅日記(2011 会津)( 5 )

会津旅行記番外編

旅行の楽しみのヒトツは 食事 011.gif
毎回どこかに行くと Food Journal ものを作っているのだ(笑)



10/18 (Tue) Lunch @ 御祭大使館蕎麦の坊 会津若松市七日町 1-1
b0190603_16403190.jpg
会津扶ち蕎麦(手打ち蕎麦) - 10割・生粉打ち
太めのとってもコシがあり、つるつる~とは食べられない  切る前のお蕎麦が添えられてきた
一緒に写っているのは 10年物の日本酒!!


10/18 ( Tue ) Dinner @ 東山温泉 - 旅館新滝 会津若松市東山町湯本川向 222
b0190603_16433584.jpg
こづゆ、鰊の山椒漬けなど会津に古くから伝わる代表的な郷土料理 + 創作料理
どれもこれも とてもおいしい 満足度高い x300 でござんした 
別注文で馬刺し!(私の大好きな赤身の馬刺しにニコニコ) 
日本酒メニューも豊富で。。。久しぶりに日本酒三昧 
どうやら私は星一徹が好きそうな日本酒がお気に入りのようだ
(多くの女性が好むフルーティなのではなく、がっつり辛口!← でもビールと違い量は飲めぬ)


10/19 ( Wed ) Breakfast @ 東山温泉 - 旅館新滝
b0190603_16434438.jpg
ご飯は白米、玄米そしてお粥 を選べて料理はバイキング
こってり物を避けて体に優しいものを選んでみた !(^^)! 



10/19 ( Wed ) Lunch @ 桐屋- 夢見亭 若松市慶山1丁目14-52
b0190603_16435970.jpg
東山温泉から飯盛山へ向かう途中にある<雪深い奥会津只見町の曲屋、「三瓶家」を移転復元した>店舗
飯豊権現そば・会津頑固そば・会津のかおりの3種(だと記憶)、青ばた豆腐
すっかりはまってしまった身欠きにしんと山椒の葉をはさみ酢しょうゆで漬け込んだ会津料理をいただいた
あっ あと何チャラ茹で卵っ!!!!!



10/19 ( Wed ) Dinner & 10/20 ( Thr ) breakfast @ 一柳閣 栃木県日光市川治温泉高原46番地
b0190603_16442158.jpg
2食バイキング(しかも夕食時飲み放題)で
6,800円な~~~り ♪
生ビールをたらふく頂くためのおつまみ系をば(笑)
もう飲めません状態になって ゴハンと八宝菜とかカレーをつまむが
写真はもう撮るのあきらめてたわん
b0190603_16443017.jpg

普段食べない朝食(だって寝てる時間だもん)なので 軽くかる~くを目標に選んでみたバイキング
昨晩のツマミと大差ない気もするが。。。お支払するお値段を考えたら文句どころか感謝 x 300 でした





そして この旅、最後の食事
10/20 ( Thr ) Lunch @ 駅前の定食屋 / 鬼怒川
b0190603_16444377.jpg
モツ煮込みに惹かれて定食を頼んだしまった
でも煮込みだけがおかずでご飯って・・・と思いきや バックバクいけた
すみれのお嬢 改め すみれのオヤジ に改名しようかと思った瞬間であったのだ(爆笑)



長々と続いた 会津旅行記におつきあいありがとうございました♪
[PR]
by escribeme_yakko | 2011-11-12 12:44 | 旅日記(2011 会津) | Comments(20)
2011.10.18-10.20 2泊3日
会津に行ってきました(初日①)
会津に行ってきました(初日② - 鶴ヶ城・東山温泉)
会津へ行ってきました(2日目 - 飯盛山)
続きです


白虎隊像の後ろはお城に似た 会津若松駅っ
駅前に居た 大きな赤べこさん!ついつい頭をなでたくなったのだが 『やめてくれぇぇ』と言っているように
見えるのは気のせいかしら033.gif

b0190603_2411573.jpg

お座敷+トロッコ+展望車両(三両編成)の会津鉄道イベント列車「お座トロ展望列車会津浪漫号」に乗り込む
b0190603_2413074.jpg

紅葉シーズン目前平日。。。会津若松から乗車は私と KinW-chan のみ 007.gif わ~い貸切だ!と思うより 
大変申し訳ない気分になってしまう  (がっ!次の駅から女性3人組が加わり ちょっとホっとする)
畳に掘りごたつ調の座席は 居心地最高 ≧(´▽`)≦アハハハ♪♪♪ ビールを購入してあまりにウカレトンチキな
顔してて恥ずかしいので 赤べこに変身のわちきでございやす
b0190603_2413768.jpg

乗車券に 300円プラスで乗車できるんですよぉぉぉ
本数や日程が限られているので会津鉄道のHPをチェックしてくださいまし
b0190603_381677.jpgb0190603_382195.jpg

ビュースポットでは停車して説明を聞くことができるし、トンネルに入ると一部の車両は車内天井が装飾されてて
光のファンタジー 003.gif 楽しませてくれるのです
また 芦ノ牧温泉、湯野上温泉でしばし停車 車掌さんに 置いてかないでください!と頼んで
車外へ出てみる(しかも私、お座敷列車のサンダル履きっぱなし!これで乗り遅れたら困る)
b0190603_3375089.jpg
ネコの駅長その名はトトロの猫バスにちなんでついたというバスが居る芦ノ牧温泉駅
ところ狭しとバスグッヅが並んでいた がっバス駅長は巡回中でいにゃ~い 008.gif 残念だにゃっ

b0190603_344585.jpg
日本で唯一茅葺き屋根の駅舎になっている湯野上温泉駅  待合室には茅の虫除けのためにも必要な囲炉裏が
あり 2002年(平成14年)に東北の駅百選に選定されたそうだ

会津田島で お座トロ列車にお別れを告げ電車を乗り換えこの日の宿がある川治温泉へ GO GO レッツらGo
いや~普段<電車>と言うものは移動手段であり寝て過ごすことが多い私!初めて電車が楽しいと思った(笑)
お蕎麦屋さんの大将に頂いた会津民芸品の 『起き上がり小法師』 と一緒に車窓を Enjoy !!
b0190603_3553586.jpg



・・・とここまでが タイトル通り 会津に行ってきました なのだが
2泊目の宿は 栃木県日光市 傷は川治、火傷は滝(現在の鬼怒川温泉)と称された川治温泉 (#^.^#)
(左)川治温泉駅 とても小ざっぱりとした駅だ。。。 
b0190603_1535297.jpgb0190603_15354124.jpg

開湯は江戸時代の享保年間に、男鹿川の氾濫後に偶然発見したと言われる
この地を通っていた会津西街道の宿場町として、また湯治場として栄えた川治で 旅の疲れを癒すべく
のんびりと湯につかる私達であった !(^^)!

宿の裏手に流れる川沿い お散歩道となっている 緑を眺めながら 心のお洗濯じゃ 049.gif041.gif
ん?誰この人? うははぁぁぁ 川治(かわじ)温泉の かわ爺ぃ~~ だって

b0190603_15591723.jpg
b0190603_15592987.jpg

[PR]
by escribeme_yakko | 2011-11-11 16:04 | 旅日記(2011 会津) | Comments(6)
2011.10.18-10.20 2泊3日
会津に行ってきました(初日①)
会津に行ってきました(初日② - 鶴ヶ城・東山温泉)
続きです


b0190603_15522835.jpg
両側にあるお土産屋さん
をチラチラとみて
ふと正面を向けば 025.gif 
どこまでも続いていそうな階段が・・・

と、ここはどこかと言うと
白虎隊のお墓がある『飯盛山』
b0190603_15524499.jpg





そして これ(⇒)は何かというと飯盛山動く坂道であ~る !(^^)!

五体満足な私と KinW-chan ではあるが、長い階段の隣にこ~んな便利なエスカレータがありゃ利用しないワケにはいかんっ (有料だったけど)


エスカレーターを降りたところの売店で お線香を買い
白虎隊のお墓にお参りに向かったのだが
よく来たね!と戊辰戦争で亡くなった方々が喜んでくれたのか?!
とにかく手に持ったお線香がボ~ボ~と燃えて 
火を消そうにも消えてくれない・・・こうなりゃと
まるで聖火ランナーのようにお線香片手に全力疾走!
正面のお線香受け(↓ )にあわあわしながらも収めて一息・・・こんなバタバタしてごめんなさいと心の中^_^;

b0190603_16535289.jpg

戊辰戦争で自刃した白虎隊 19士のお墓、会津各地で戦死された白虎隊のお墓
会津少年武士慰霊碑、自刃した武家女性や討ち死にした婦女子200余名の霊を弔う会津藩難殉勤烈婦の碑
b0190603_1704924.jpg



戦いで傷つき疲れ果てた16~17歳という白虎隊20名 ここ飯盛山に辿り着き、見た風景
それは 砲煙に包まれた鶴ヶ城(会津若松城)!!(実際は鶴ヶ城付近の武家屋敷が火災)
落城したものと誤認して悲観、「主君に殉じよう」と総勢20名が自刃を決行し 19名が命を落としている
Wiki には
負け戦覚悟で行動したところで敵に捕まり生き恥をさらすことを望まなかった隊員らは、城が焼け落ちていないことを知りながらも飯盛山で自刃を決行した  とも書かれている  いづれにせよ 悲しい話である
石像の少年が見ている方に鶴ヶ城があると言う 曇り空のこの日ははっきり見えず。。。 
白虎隊士自刃の地とされる所に立ち 前日に見た鶴ヶ城が目に浮かび 彼らが見た風景を想像してしまう
b0190603_2243661.jpg


b0190603_12421852.jpg



b0190603_12484282.jpg
ゆっくりと飯盛山を見て歩いていたら
循環バスに乗る時間がせまり
少々急ぎ足 ・・・

目に飛び込んできたのは
これ!これ!これ

国指定重要文化財の
さざえ堂 である




寛政8年(1796年)、実相寺の僧郁堂により建立されたといわれる仏堂
六稜三層の形がさざえに似ていることからこの名で親しまれてるそうだ
私達は外から眺めただけっ でも堂内に入ると、上り下りするためのらせん階段があり
参拝者は一度も対向する他の人に出会うことなく、また一度も同じ道を通ることなく
一方通行で堂内を参ることができるという世界的にも珍しい建物だそうですぞ!
b0190603_12483295.jpg



この旅行から3週間以上かぁ~ きっと今頃 飯盛山の紅葉も真っ盛りなのだろうと045.gif 
b0190603_15135372.jpg

次回はお初のお座トロ列車をアップしようっと
[PR]
by escribeme_yakko | 2011-11-06 15:22 | 旅日記(2011 会津) | Comments(14)
会津に行ってきました(初日①)の続き

b0190603_3122121.jpg
仕事終わって寝ないで
旅行に出掛けたって言うのに
(電車でちょいと仮眠049.gif
旅行となると 元気なんだわさぁぁ

七日町の街並みを見て
お次は 鶴ヶ城へやってきた
またの名を会津若松城
文献史上では黒川城、会津城
とされることもあるそうだ



鶴ヶ城は、遠き時代から幾多の苦難を乗り越えてきた、会津若松市のシンボル
その天守閣は、戊辰戦争後の明治7年に取り壊されたが 昭和9年には 国の史跡の指定を受け
昭和40年に再建された
会津の歴史についてはここをご覧ください 034.gif ⇒ 会津若松市観光公社HP<会津の歴史>



青い空に凛々しく聳え立つ鶴ヶ城にしばし見惚れる
b0190603_312359.jpg



鶴ヶ城マスコット お城ボくん* ヤッターマンなどで有名な、会津若松出身の笹川 ひろし氏デザイン
サムライシティ会津隊 発見!会津若松駅、七日町通り、飯盛山などで出会える
b0190603_312445.jpg



2011年3月 黒瓦だった天守の屋根瓦を明治時代に解体される以前の赤瓦葺に復元が完了
よ~く見ると屋根瓦が赤っぽいのだっ
b0190603_3125482.jpg



鶴ヶ城公園内にあった「鶴ヶ城稲荷神社」 お嬢ちょっと苦手なおキツネさまがたくさんっ
生い茂った樹木で見難いけど おキツネさまの真後ろに立つとお城が見える
b0190603_2525916.jpg



また園内には こんな建物もあった
b0190603_3144522.jpg

ここは何かと言うと。。。千利休の子・少庵が建てたと言われる茶室「麟閣」(福島県指定重要文化財)034.gif
b0190603_334312.jpg
b0190603_320947.jpg




会津若松市の中心地から車でわずか10分程のところにある 東山温泉で1泊
山形県の上山温泉、湯野浜温泉とともに奥羽三楽郷と呼ばれた東山温泉は約1,300年前、名僧・行基によって発見されたと言われ江戸時代には会津藩の湯治場として栄え、会津若松の奥座敷として発展したそうだ

そして 会津民謡に登場する あの!朝寝朝酒朝湯が大好きで身上つぶしちゃったと唄われてる小原庄助さん
彼には色んな説があるようだが一説に東山温泉で連夜の豪遊をした!とあり ここは庄助さんゆかりの温泉らしい

b0190603_1671834.jpg

紅葉には早い平日、時間がゆっくりと流れているように感じる温泉街
中央に写っているのは 会津藩指定保養所の歴史を持つ「向瀧」旅館(←予算の関係上泊まれませんが)
廃墟(もしくは改築中?!)も目につくが物寂しさは感じられない

東山温泉の宿の名前には 『〇〇瀧』が多い
私達がお世話になったところは 会津藩松平家の別荘から発祥した新瀧
新瀧の別館不動瀧の外壁には新撰組副長・土方歳三が描かれていた(この温泉で戦傷を癒したそうだっ)
b0190603_16224082.jpg


虫嫌いの私がううううう 生まれて初めてへっぴり腰でクモなんざぁ~撮ってみた記念にアップしておこうっと(笑)
動くな!動くな!クモさんよぉぉ と念じながら・・・
b0190603_1626999.jpg



温泉にゆっくり入り 会津に来たんだからやっぱり日本酒よねぇぇぇと 070.gif070.gif070.gif
普段ビールしか呑まない私は すっかりできあがり、夜9時前には爆睡 アハハ
翌日は朝早くから温泉入り(いやいや小原庄助さんのように朝酒はなし!)東山温泉を後にして
白虎隊が眠る飯盛山へ向かった

<続く>
[PR]
by escribeme_yakko | 2011-10-29 03:16 | 旅日記(2011 会津) | Comments(10)
東武フリーパスを手に握りしめ 朝6時過ぎ出発
数か月に1度決行している KinW-chan との温泉旅行 016.gif
身も心もリフレッシュぅぅぅぅぅううううう 私達はこの旅行を ≪デトックス旅行≫と呼んでいる

毎回、KinW-chan がとても楽しいプランを考えてくれるのだ
今回 目指すは会津! 2泊3日たっぷりこんこんと遊んでまいりやしたっ

* まずは 湯西川温泉でひとやすみ
北千住から2時間半ほど ぴ~ちくぱ~ちくお喋りしたり ぐぅぐぅ寝たり。。。で到着したのは
湯西川温泉駅、ここは葛老山トンネル内にある!(何とも不思議な感じがする)
ホームから覗くと鉄橋が見える<左> 駅前には足湯<右>
b0190603_1581536.jpg

≪道の駅≫2階には立ち寄り湯なんて洒落たところもあるのだ(この日はメンテでお休みっ)
駅前をうろちょろしながら秋探しぃぃぃぃ(笑) お山はまだまだ緑じゃんと思ってたら
そうガッカリしなさんな!とばかりに真っ赤な紅葉が目に飛び込んでくる
b0190603_15114833.jpg



さてさて 今回の旅は 東武鉄道⇒野岩鉄道⇒会津鉄道 と乗るのだが 
栃木と福島の県境を通る野岩鉄道
「野岩(やがん)」は栃木県の旧国名である「下野国」の「野」と
福島県会津地方を含む範囲の旧国名である「岩代国」の「岩」とから来ているとのこと

トコトコと私達は東京から栃木をぬけ福島に向かうのだぁぁぁぁ



会津若松駅のひと~つ手前 七日町駅下車  なぬかまちって読むそうだ
b0190603_16521774.jpg

江戸時代には旅籠の集積地
明治時代以降は商店街だったが、昭和後半に近代化に立ち遅れ衰退
1993年に、この状態から再生しようと有志が調査したところ
明治時代などの古い建物が大量に確認された
これを生かしたまちづくりを進め、現在では会津若松を代表する観光地のひとつとなっている
* wiki より抜粋



街中をお散歩 日差しが暖かいが外気はヒンヤリっ
b0190603_1656049.jpg

とても素敵な街並み 
b0190603_16561235.jpg


小腹がすいてきたので お蕎麦屋さんを探すが
んんんん 021.gif あった!と思うと油屋さんっ あった!と思うと和菓子屋さんや酒屋さん アハハ
b0190603_16561821.jpg
b0190603_16562861.jpg



で、何を食べたかって?それは<会津の旅最終編>で いつもの Food Journal にてアップしようっと♪

会津と言えば お城っ 鶴ヶ城へ向かうのであ~~る!!!
(ダラダラと旅行記は続くぅぅぅぅぅ)
[PR]
by escribeme_yakko | 2011-10-24 17:42 | 旅日記(2011 会津) | Comments(14)